TOPOS Highland 2016 Agreement

規約設定に関して

2012年より継続開催してきたトポス高地(初動回遊展含む)企画展は、2015 年12 月で三回のシーズンを終え、のべ30名の作家による30回の個展が開催された。健全な継続と更なる互恵性をシステムに含めながら、新たな規約を設定し、これを2016 年度シーズンより適用するものとする。
飯綱東高原の欧風家庭料理レストラン、アリコ・ルージュで、4 月~12 月迄、一ヶ月の開催期間の個展スタイルで開催するトポス高地展は、当該施設オーナーの寛容と、企画側の自主的な運営によって執り行われてきたが、経年継続する上で、関与する関係各位の互恵性と、現実的モラル、経済的な運営の合理性を測り、これを抜本的に見直し、より効率性の高い、質の向上を目指す為に、以下の規約を設定し、企画継続を計る。また、この規約はシーズン終了毎に見直されるものとする。


トポス高地 規約  / 2016 年シーズン4 より適用施行

  • 1 選出された(2017 年より自己申請による申込みを含む)現代作家による当該施設での一ヶ月間に渡る個展(作品スタイル自由)を、アリコ・ルージュで開催する。
     *シーズン前(2 月)には、シーズンスケジュールが決定されているものとする。(スケジュールDM 制作などの為)
     *開催計画はシーズン前年からシーズン前(少なくとも二ヶ月前:1月)に決定するものとする。
  • 2 個展開催作家は、開催費として、企画側に¥15000- を事前に納入するものとし、これは企画運営経費に充てる。(企画業務参照)
  • 3 個展開催作家は、事前に当該施設のリサーチを行い、自主的な搬入出及びセッティングを、理性的に行う。
     *基本的に搬入出セッティングを作家本人が行うことを、開催可能基準と定め、作品郵送による委託開催はこの企画の趣旨外とする。
  • 4 展示作品の販売は可能だが、売約成立した場合、販売価格の10% を当該施設への、販売手数料として、開催終了後に納入する。
     *非売の場合及び売買契約が成立されなかった場合は、手数料の徴収は行わない。
  • 5 作家は開催個展詳細(作品タイトル・価格(販売する場合)・素材・他)、コメント(ステートメント)、キャリア(作家活動略歴)を、事前に企画側に提出するものとする。これは、会場配置配布用リーフレット・オフィシャルサイト掲載などに、企画側が使用する。
  • 6 各個展開催に関する個別DM は、開催当該作家が自主的に制作配布配送を可能とするが、制作費などは作家負担とする。
     *年間スケジュールDM は、開催各位に100 配布(計900)、600 企画側が配布送付。
  • 7 記録撮影(動画含む)は、当該企画情報告知およびパンフレット制作の為、任意に行うが、開催作家はこれを了するものとする。

  • トポス高地 企画側業務

  • 1 個展開催作家選出とシーズンスケジューリング・シーズンスケジュールDM 制作配布郵送
     *2017 年より、自己申請開催申込みを可能とし、2016 年秋より公募を開始する。申請者は作品ポートフォリオを企画側に提出し精査後、開催を決定されるものとする。
  • 2 搬入出セッティング確認業務・現場サポート(サポート担当者に実費日給支給:シーズン後会計報告に内実記載)
  • 3 開催個展内容詳細記載リーフレット制作(配置配布用: A4・PDF:DL 用)
  • 4 個展作品記録撮影(オフィシャルサイト・FB 特設ページ掲載用) *申出があれば記録撮影画像を当該作家へ提供(但し現像済みのみ)
  • 5 オフィシャルサイト開催個別アーカイブページ制作・FB 特設ページへ個別記事追記制作
  • 6 作家インタビュー動画撮影・動画アーカイブコンテンツ制作(Vimeo)*インタビューが可能な場合のみ
  • 7 開催個展概説(オフィシャルサイト個別ページ掲載)
  • 8 ブランチング 3/9,6/9.9/9,12/9 インフォメーション開催記載 
  • 9 トポス高地2013~2016 パンフレット制作(2016 年シーズン後制作予定)・販売 

  • topos2016 >> PDF