TOPOS Public 2017




 

トポスパブリック「医療法人北島眼科クリニックー待合室」

 2017 年4 月より、医療法人北島眼科クリニック待合室にて作品レンタル展示する「トポスパブリック」を始動します。当該医療クリニックと、訪れる患者の方々、視覚藝術作家作品との互恵的関係を構築し、社会的に機能する作品展開の環境創造を目論むものとなります。
診療医療業務に於いて、待合室で診察を待つ人々を視覚的に「癒す」仕掛けとして、現代作家作品を、三ヶ月毎に交代展示し、作品を紹介しつつ、当該施設の特性のひとつと定着することを期待しています。
施設が所有する藝術作品の提示ではなく、施設環境を構築する責任の一旦が作品に与えられることで、現代藝術の具体的な社会的機能性が、ここで問われつつ成熟できれば、施設、患者、作家の、新しい関係性が生まれるでしょう。

尚、当該医療施設業務をサポートする性格であるので、展示参観のみで施設を訪れることはできません。

2017年4月~6月:招聘作品作家
疋田義明 Yoshiaki Hikita


2017年7月~9月:招聘作品作家
徳永雅之 Masayuki Tokunaga


2017年10月~12月:招聘作品作家
たかはしびわ Biwa Takahashi


2018年1月~3月:招聘作品作家
吉村正美 Masami Yoshimura


topos-public / 企画概要規約 PDF
tp-1701 / 2017_01 PDF

企画責任:町田哲也


医療法人北島眼科クリニック
〒381-0042 長野県長野市稲田3-13-1
phone : 026-213-0205 / fax:026-213-0206
http://kitajima-eye.com